2007年05月15日

"世界の水風景"シリーズ60@バングラディシュ・ダッカ

60-20030722Bangla.JPG


************************************************
◎撮影場所:バングラディシュ国ダッカ
◎撮影日:2003年7月22日
◎撮影者:ドミニカ在住の友人Hさん
************************************************

旅先で写した記憶に残る水の風景を紹介する"世界の水風景"シリーズ第60弾。

今日紹介するのは、バングラディシュの首都ダッカの超高層ビルから街を眺めた様子。
川の周りにスラムが凝集しているのがよく判ります。

先進国ではウォーターフロントとして高級なイメージの水辺も、途上国では不法占拠者が集まるスラムとなっているところが少なくありません。

写真を通じ、そんな経済の発展と水辺との関わりについて考えてしまいます。


posted by 和田 at 06:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | バングラディッシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。