2007年02月20日

"世界の水風景"シリーズ13@パキスタン・ピンディ

13-20030528Pakistan.JPG


************************************************
◎撮影場所:パキスタンの首都、イスラマバード近郊
◎撮影日:2003年5月28日
◎撮影者:和田
************************************************

旅先で写した記憶に残る水の風景を紹介する"世界の水風景"シリーズ第13弾。

今回紹介するのは、イスラム国家、パキスタン国の首都イスラマバードを流れるライヌラー川の風景。

出張で一ヶ月ほど滞在した際に撮影した一枚。
水の色、水量、ゴミの数、斜面の勾配・・・・日本の川の風景とは明らかに様子が違う感じでとても興味深い。

世界のどんな地域でも、川と沿川人々との関わりは深いはず。しかし、どのような川との接し方が理想形なのだろうか?


posted by 和田 at 00:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | パキスタン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。